マジックそれともDIY?麻婆豆腐をナンバンカラスウリのミルクヌガーに変える方法お教えします
:::
臺東縣

マジックそれともDIY?麻婆豆腐をナンバンカラスウリのミルクヌガーに変える方法お教えします

ナンバンカラスウリは台東県成功鎮農業組合が近年普及に全力を尽くしている作物です。種がまるでスッポン(鼈)のような外観であることから、中国語では“木鼈果”と呼ばれています。アミ族が日常的に育てている作物で、アミ族の言葉でSukuy、中国語で発音すると「速貴(Sugui)」に近い音で発音されます。

マジックそれともDIY?麻婆豆腐をナンバンカラスウリのミルクヌガーに変える方法お教えします
ナンバンカラスウリの果実です。台湾原産種は長めの形状で、ベトナム種は丸みを帯びています。

ナンバンカラスウリは「天国の果物」と呼ばれています。栄養価が非常に高く豊富であることが主な原因で、リコピンだけでもトマトの70倍以上となります。ナンバンカラスウリの普及のため、成功鎮農業組合では様々な種類の製品、ナンバンカラスウリジュース、アイスクリーム、シャーベット、ゼリーなどの食品の研究開発を行っています。

マジックそれともDIY?麻婆豆腐をナンバンカラスウリのミルクヌガーに変える方法お教えします
ナンバンカラスウリのジュース、アイスクリーム、ゼリーはどれも成功鎮の特産品です

成功鎮農業組合では新鮮で面白いDIYイベントを開発しました。「天国の果物でのおままごと」です。ぜひ自分で体験するようおすすめします!ナンバンカラスウリで最も栄養価がある部分は仮種皮です。色は鮮やかな赤ですが、特殊な味はありません。料理の色を調整するのに用いるのに非常に適しています。「天国の果物でのおままごと」では、ナンバンカラスウリの仮種皮を利用したミルクヌガーの餡を作り、ミニビスケットに包むことで、デザートへの欲求を満足させるDIYに皆さんをお連れします。

作製の手順では、特別な食材を追加する必要があります。1鍋分の「麻婆豆腐」が突然目の前に出現しました。ヘラでかき混ぜること数分間、パパイヤ色のミルクヌガーの餡へと変化したのです。この変化のプロセスは驚くべきものです。自ら鍋の前に立ちこの奇妙な状況の発生を目にしなければ、自分が驚きの料理マジックを体験したことを信じられないことでしょう。

どのようにして作ったのでしょうか?いったい何の食材を追加したのでしょうか?答えは台東県成功鎮農業組合の台11線花田料理餐館にあります。さあ、答えを探しに行きましょう!

マジックそれともDIY?麻婆豆腐をナンバンカラスウリのミルクヌガーに変える方法お教えします
どんな食材を加えたら、麻婆豆腐に変わるのでしょうか?
マジックそれともDIY?麻婆豆腐をナンバンカラスウリのミルクヌガーに変える方法お教えします
麻婆豆腐が最後には餡へと変わります
マジックそれともDIY?麻婆豆腐をナンバンカラスウリのミルクヌガーに変える方法お教えします
最終的な完成品はミニビスケットです。旅の途中のおやつになります