:::

グリーンツーリズム案内人 農夫青葱体験ファーム創設者 蒋世賢

誰もがよく知っている三星葱は、他のネギとどこが違うのでしょうか?また、どんな美味しい料理を作ることができるのでしょうか?『農夫青葱体験ファーム』の創設者、蒋世賢がお伝えします。

グリーンツーリズム案内人 農夫青葱体験ファーム創設者 蒋世賢

Q:三星郷に来ると、一面のネギ畑が見渡せます。宜蘭県にはネギ農家が多いにもかかわらず、ネギを収穫して葱油餅(ネギのおやき)を作るなどの体験活動ができる『農夫青葱体験ファーム』のような農場は少ないことに、私達は気付かされました。当初どのようなきっかけで農場体験を始めたのでしょうか?<br/>A:最初はよく友人が遊びに来ていただけです。彼らはここが気に入って、子供達は小動物との触れ合いを、大人達は梨狩りやネギの収穫を楽しんでいました。そこで私達は徐々に農場を開放して、環境教育と関連のある体験活動を運営・企画するようになったのです。例えば、三星葱の説明をして、旅行客と一緒に畑でネギを収穫し、その日に収穫した青ネギを使って蝸牛葱餅(カタツムリ型のネギのおやき)を作ります。旅行客はネギ農家の生活を一日体験するのです。<br/><br/>Q:三星葱は台湾で誰もがよく知る特産品ですが、どのような特色がありますか?<br/>A:青ネギは「太葱群」と「細葱群」に分類されますが、三星葱は細葱群の中の「四季葱」で、白い部分が長くて分厚い葉肉を持っています。三星郷の土地は蘭陽渓上流の汚染されていない水質を受け、雨量も豊富です。だから、質の良い美味しい青ネギが育つのです。管理が厳しいので、農家は安全に農薬を使用することを心得ています。『吉園圃』(安全野菜果物の認証)のマークも取得しているので、消費者は安全が保障されています。<br/><br/>Q:現代人は自身でネギ畑と接する機会は少ないです。農夫がネギを植える時や抜く時は、どんなコツがあるのでしょうか?<br/>A:ネギを植える前には必ず地ならしをして基肥を入れ、畝を作り、上から藁をかぶせておきます。植えた後は定期的に肥料をやり、排水に気をつけます。収穫する時は、ネギの白い部分を握って土を緩め、最後に力を入れて抜きます。<br/><br/>Q:これらのDIY活動は、一般の人も参加できますか?人数制限はありませんか?<br/>A:事前に予約すれば大丈夫です。環境保護で毎回一度に160人を超えることはありません。人数の下限はありませんので、個人の方でも申し込むことができます。平日休日ともに予約を受け付けています。<br/>

農夫青葱体験ファーム

住所:宜蘭県三星郷拱照村大湖路59号<br/>電話:0972-243252<br/>

グリーンツーリズム案内人 農夫青葱体験ファーム創設者 蒋世賢

問題報告