自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
:::
南投縣

自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます

このアートな紙製ランタンはランタンフェスティバルで大量に発送されたものではありません。厚紙を下り重ねて完成した紙のランタンで、堅固で美しいアート作品なのです。

かつて南投県は伝統に紙業が発達しており、現在も手工業による高級紙の重要な産地となっています。地元の南投紙に桃米の地元の竹を加えて作った紙ランタンは、なんと美しい作品なのでしょう!

紙農書院には構想があります。1年の時間を費やし「手作りDIYに適したアートランタン」をデザインしました。決してこの種のDIYでの手作りランタンのように、しばらくすれば壊れてしまうとは思わないでください。実際に手を動かせば、使用されている材料が本当にしっかりとしていることがわかります。リビングに置いても満足して微笑むことのできるアート作品なのです。

自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
竹の枝の切り絵により、それぞれのランランどれもが唯一無二の作品に
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
夜間自分が創ったランタンを見れば、とても癒されます

ランタンのDIYはホタルが舞う季節に合わせて正式にリリースされます。桃米を訪れた際は、1時間費やし紙農書院で自分の創意を発揮してみてください。

「80%の組立て手順に、さらに20%の創意を加えれば、自分だけのアートランタンが創れます。」

1年に渡る試験を繰り返しと修正により、ランタンを組み立てる方法はすでに完璧に修正されています。小学3年生以上の子どもなら自分の力で自分のランタンを完成させられます。ランタンの製作過程では簡単な工具の操作が必要となりますが、これらはどれも学習の一部分です。書院ではそれぞれの参加者がみな自力でそれぞれのステップを完成できるよう願っています。

紙農書院の紙職人、黄世豊さんは「適した場所での、適した材料」が最も重要であると述べています。このためすべての材料が南投からやってきました。紙は埔里の製紙工場から、竹は書院の裏手にある林からです。時間が十分にあるなら、オーナーに連れられて何歩か歩き、自ら書院裏手の竹を持ち帰りにつれていってくれます。

自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
1分後には書院の裏手で竹の枝を採取できます。竹の枝はランタンの影絵の源です
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
すべて準備が完了した原料です
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
書院の小さな倉庫内にはたくさんの優れた原料があります。皆さん早く遊びに行きましょう
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
竹の枝を切ります。きれいに切れれば、アートに悩みはありません
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
秘訣は細い物も太い物も使うことです。光と影が交差して、きれいに映ります
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
ランタン製作に使うすべての材料と工具です
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
グーグルガンの使い方を学びます
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
光源は電池交換可能なLEDランプです
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
竹の枝で絵を描く概念で、どんな図を表現したいのか考えます。竹の枝を貼り付けて完成します。20%の創意がここにあります。
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
紙を選びます。4枚から2枚を選ぶのにも悩んでしまいます
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
紙をランタンに貼りつけます。紙のサイズはすでに計ってあり、フレームにぴったり貼りつけられます
自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
紙をランタンに貼りつけます。紙のサイズはすでに計ってあり、フレームにぴったり貼りつけられます

黄世豊さんは積極的に各種の原料を発展させて、紙へのイメージを開発することで生活での各種の材料を利用して紙を作製しています。例えば書院の前のカジノキ、地元で盛んに生産されている筊白筍、さらには台東の友人が送って来た牛糞まで、どれもを原料に試してみています。

もしもあなたが文房具ファンだったり、紙にほれ込んでいるのなら、紙農書院で開発した紙の手作りイベントに参加すべきです。これらの過程に参加すれば、書院のオーナーの真面目なこだわりをかんじることができます。

自分で作るアートなランタン、心を癒してくれます
黄世豊さんは紙に対し多くのイメージを持っています。黄世豊さんと対話をすると、とてもたくさんの収穫があります。