:::

第1日:関渡自然公園 -> 淡水紅毛城 -> 淡水

第1日<br/>関渡自然公園 -> 淡水紅毛城 -> 淡水

第1日:関渡自然公園 -> 淡水紅毛城 -> 淡水

歴史の町・淡水には、洋館をはじめ、福建南部の伝統民家や日本時代の建物などが今でも残っています。特に、中正路・真理街・重建街・三民街・清水街の一帯では、懐かしき町並みと各時代を代表する建物を見ることができます。また、淡水-八里間や淡水-大稲埕間をフェリーボートに乗って、かつて貿易港として栄えた淡水河とその風情を訪ねるコースもあります。<br/><br/>淡水では、昔ながらの建物や古廟めぐり、淡水小吃の食べ歩きのほかに、関渡自然公園や紅樹林保護区での生態観察もお薦めです。冬になると中国大陸の北方やシベリア、韓国、日本などから渡り鳥が南下し始めます。台湾は渡り鳥が羽を休め、体力をつける中継点の役割を果たしています。冬、関渡自然公園には雁科・シギ科・モズ科の渡り鳥たちが姿を現し、また留鳥であるサギ科・クイナ科・カワセミ科などの姿は年間を通して見ることができ、バードウォッチャーには見逃せないところです。<br/><br/>MRT紅樹林駅を出ると、目の前には世界最大の紅樹林沼地が広がります。沼地にはカニやトビハゼなどが生息しており、9月中旬~翌年3月中旬になると、サギやシギなどの水鳥が姿を現し、まさに自然生態観察の宝庫といえます。

問題報告