:::

第1日:墾丁国家公園 ->鵝鑾鼻公園 第2日:高雄市 -> 寿山国家自然公園 -> 澄清湖 -> 延平郡王祠

第1日<br/>墾丁国家公園 ->鵝鑾鼻公園<br/><br/>第1日<br/>高雄市 -> 寿山国家自然公園 -> 澄清湖 -> 延平郡王祠

第1日:墾丁国家公園 ->鵝鑾鼻公園 第2日:高雄市 -> 寿山国家自然公園 -> 澄清湖 -> 延平郡王祠

墾丁国家公園は台湾最南端の恆春半島にあり、珊瑚礁型公園に属します。公園内には山や海、湖、草原が揃い、墾丁ならではの風景が広がっており、西海岸の珊瑚礁からなる断崖、東海岸の風積と風蝕地形、南海岸の石灰岩台地や砂浜などが有名な景勝地となっています。珊瑚礁や山峰、湖、砂丘、熱帯森林が一挙に楽しめるのが墾丁の大きな魅力です。<br/><br/>鳥松区には高雄最大の湖・澄清湖があり、美しい風景区を作っているほか、同地区の貴重な水源地にもなっています。正門を入ると、ふたつの赤い中国宮殿式建築が目に飛び込んできます。左が淡水魚、右が海水魚を集めた水族館で、世界の珍しい魚が見られます。この近くには、1960年に造られた長さ230 メートル、幅2.5 メートルの九曲橋があります。この橋は7本の支柱に支えられ、九カ所で曲がっているために、こう呼ばれています。<br/><br/>"文化古都"台南には古い建物が多く残されています。その中の赤かん樓は台南で最も有名な古跡のひとつであり、オランダ人によって植民地の行政の中心として建てられたものです。ここには多くの古物も保存されています台湾で初めての城塞として築かれた安平古堡も、オランダ時代の遺跡です。また台湾最古の孔子廟もここ台南にあります。ここは清末まで台湾の最高学府として多くの知識人を輩出してきました。この台南孔子廟には多くの文物も保存されています。これまでの修復記録を記した書や歴任国家首相が受けた額、清朝初期から今に至るまでの祝いに使用する器や楽器など、歴史的に貴重なものばかりです。

問題報告