:::

安通温泉地

安通温泉地

百年の歴史を誇る小さな温泉郷。1904年より日本によってクスノキの伐採が行われていたころ、偶然源泉が発見されました。のちに日本政府要人の招待所が立てられ、言い伝えによれば、昭和天皇が皇太子時代に、巡幸の折に必ずこの地に宿泊されていたといわれています。山深い渓谷にあり一帯は静寂につつまれています。かつて花連と台東は「安通濯暖」という名で知られていました。台東知本ほどは一般に知られてはいませんが、長い歴史と質の高さで知られる温泉は、温泉愛好家に人気となっています。

専門家の調査によれば、安通温泉にはラドンが含まれるらしく、この濃度によって地震が予測できると言われています。泉質は清らかでこの百年間、温泉愛好家の人気を風靡してきました。入浴後は、玉里特産のヘルシー豚肉料理がお薦めです。弾力があり、口のなかでとろけるようなおいしさです。またコーヒーカップに映る月光を眺めながら、温泉水が流れる音に耳を澄ますのも一興です。<br/><br/>数年前、安通温泉地にて数々の温泉が掘り当てられ、それを機に続々と温泉旅館や民宿が建てられるようなりました。山と海に囲まれた温泉地にてリラックスされたい方に最適のスポットといえましょう。

安通温泉地

豚足料理<br/>玉里鎮の農村の青年であった襲文俊氏が、10年ほど前に運営を始めた密閉式養豚場は高性能の自動空調システムを採用しています。室内は年中常に摂氏20℃~25℃に保たれ、ハエや蚊から完全に隔離されているので、抗生物質は注射されずに生育されています。そのため玉里鎮の「ヘルシー豚肉」の知名度はずば抜けています。ヘルシーで清潔な生育環境のほか、そして玉里豚肉のおいしさは、地元のきれいな水と空気によって生まれます。豚足料理やソーセージ、ベーコン、「肉鬆(バーソー)」と呼ばれる肉の田麩など、最高の味わいを安心していただけます。

問題報告