:::

新北投温泉区

新北投温泉区

1896年に大阪出身の商人平田源吾により、台北市北端の北投にて台湾初の温泉旅館「天狗庵」が開業し、それを機に北投温泉郷黄金時代の幕が開きました。北投温泉の水源は地熱谷と行義路の龍鳳谷にあります。この二つの水源地が、白色硫黄泉、緑色硫黄泉および含鉄泉の三種類の泉水を育んでいます。ここをひとたび訪れれば、いにしえの雰囲気に満ちあふれるの大衆浴場、そして最近流行のプライベートな空間を独占できる貸切タイプの「湯屋」など、日帰り、宿泊を問わずお好みで楽しめるようになっています。地元庶民が通う銭湯、観光温泉旅館、温泉リゾートコテッジなどが立ち並ぶこの北投温泉は、幾度度訪れても楽しめる観光地となっています。

温泉、いにしえの町並み「老街」、歴史、そして地鶏と山菜の美味しさが、山間の町「北投」の独特の魅力を織り成しています。またここ数年においては、高級ホテルも立ち並びぶようになり、伝統的な温泉旅館と斬新な外観の温泉ホテルが交錯する新しいスタイルの行楽地となっています。

新北投温泉区

地鶏と山菜料理<br/>交通の便がよく、都心に隣接した温泉郷「北投」。台北の人々が都会の喧騒を離れてひと時を過ごす景勝地です。都会の目と鼻の先で美味しい山菜料理が楽しめます。地鶏を出す伝統的な家庭料理レストラン、また彩りや盛り付けに細かくこだわるリゾートホテルレストランにて、美味しさいっぱいの地鶏や山菜がいただけます。

◎泉質<br/>酸性硫黄ナトリウム(白色硫黄泉)、酸性塩酸泉(緑色硫黄泉)、炭酸ナトリウム(含鉄泉)<br/>◎特徴<br/>白色硫黄泉、白濁した黄色、硫黄臭あり、飲用入浴共可;緑色硫黄泉、仄かな青緑色、硫黄臭あり、飲用不可;含鉄泉、赤褐色、飲用入浴共可