:::

牛舌餅

牛舌餅

牛舌餅は楕円形をしており、見た目が牛の舌の形に似ています。この「牛舌餅」という名は瞬く間に知られるようになり、台湾では宜蘭と鹿港のものが知られています。しかし、両者の環境や歴史は異なるため、牛舌餅の製造方法も違いがあります。厳密に言えば、両者は見た目が牛の舌の形に似ているという点以外は、実は全く異なった二種類のお菓子なのです。<br/><br/>宜蘭の牛舌餅は細長く、軽くて薄い形状をしています。手で原料を捏ねた後、生地の塊を伸ばし、焼く前にナイフで軽く削り取っています。サクサクと美味しい食感に仕上がっており、クッキーに似た味わいです。一方、鹿港の牛舌餅は厚みがあり、丸くて長い形をしています。濃厚な香りをもつやわらかい生地で、餡に飽きの来ない甘さの麦芽糖を包んでいます。オーブンで焼くか、油で煎って完成します。