:::

サイクリングの旅 必ず遊ぶべき5本の人気ルート

楓香る雰囲気 十二寮自行車道(十二寮サイクリングロード)

十二寮では初期に新竹県峨眉地区に樟脳が栽培されていました。脳寮(樟脳を製造する施設)が設置されていたことから、この地の続き番号がちょうど12であったために十二寮と名付けられました。《十二寮自行車道(十二寮サイクリングロード)》は全長約7キロメートル、ルート沿いに進むと十二寮休閒農園(十二寮レジャー農園)、桐花歩道と農特産品展示販売センターを経過し、獅頭山、五指山を遠くにながめることができます。近隣には鵝公髻山風景の細茅埔吊橋と天恩弥勒仏院があります。平日には多くの自転車愛好家たちがここで湖一周の旅を楽しむだけでなく、両側には楓の樹の林があることから、楓が色づく季節が来ると多くの観光客が訪れます。大埔ダムに囲まれた《峨眉湖》は、豊富な自然の生態を擁しています。<br/><br/>十二寮自行車道(十二寮サイクリングロード)の隣に位置し、DIYでペルシャ菊、バラ、グレープフルーツ、ブドウ、レタス、ピーマンなどの野菜や果物狩りが楽しめる《十二寮休閒農園(十二寮レジャー農園)》は、通年を通じて温室やスクリーンハウスで栽培管理と生産している野菜果物園です。農園は鑑賞と野菜果物狩りをメインとしています。学習とレジャー、観光、果物狩りや郊外で遊ぶなどの機能を兼ね備えた、四季を通じて農作業の体験ができる最良の場所です。<br/>

サイクリングの旅 必ず遊ぶべき5本の人気ルート

木陰の雰囲気 東豊緑色廻廊&后豊鉄馬道

《東豊緑色廻廊》はもともと旧山線鉄道の東勢支線でした。全長約12キロメートルの台湾唯一の閉鎖式サイクリング専用道です。道ぞいには921大地震によって大地が引き裂かれた後のある石岡旧駅、「小売のブースがない」という台湾語の同音異語から命名された0蛋プラットフォーム、土地公(土地神様)が樹の上で遊ぶ子供を守ったと伝えられる100年のマンゴーの樹等があります。《后豊鉄馬道》と東豊緑色廻廊は互いに接続しています。長さ約4.6キロメートル、旧山線の重要な指標である花鋼樑端、歴史的な資料をもたらす九号トンネルと乗馬体験ができる后里馬場はみなここにあります。沿線は木陰に覆われているため、炎天下の夏の日でも暑くなく、非常に涼しく爽快です。<br/><br/>ここに来たら《梨之郷休閒農業区(梨之郷レジャー農業エリア)》に遊びに行くのをお忘れなく。ここは東勢区農業組合が推進している農業エリアで、ソフトとハード面での計画が統合されています。毎年7月の「梨産業文化季(梨の産業文化祭り)」のほか、異なる季節には蛍火蟲季(ほたる祭り)、落羽松季(ラクウショウ祭り)などのイベントが開催されています。11月から翌年2月にはナシの花が満開となり、茂谷柑(マーコット)、美人柑(タンジェロン)、ポンカンなどの収穫シーズンを迎え、果実が豊かに実る景色は非常に見ごたえがあります。毎年多くの観光客を惹きつける果物狩り、花畑と果樹の美しい景色を捕えようとするカメラマンは後を絶たず、とても賑やかです。<br/>

サイクリングの旅 必ず遊ぶべき5本の人気ルート

水と親しむ雰囲気 同源圳自転車道

南投県の《同源圳自転車道》はおすすめのルートです。同源圳堤沿いに建設され、八卦山と南投県名間郷へと繋がっています。さらにもう一本の《猫羅渓自転車道》に接続でき、全長約5キロメートルとなります。沿線では無極瑤池天宮、聖安宮、易経大学、台湾麻糬テーマ館などがあり、隣には緑あふれる田園風景があります。どこでも生姜、茶葉、稲などの農作物をみることができます。車道の下には水車、灌漑用の水路などの各種の水利施設があります。一家全員でここにきて水と親しみ、水の科学教育をするのに適しています。また水資源を大切にする観念を強化できます。<br/><br/>車道の上に位置する《南投休閒農場(南投レジャー農場)》は、この車道における休憩ステーションです。自転車をレンタルできるだけでなく、農場でのDIYイベントを体験できます。または多機能イベント広場、オーガニック農園、キャンプエリア、生態池、ハーブ植物エリア、東屋等の郊外でのレクリエーションと休憩を楽しめます。天井の高さを上げたデザインの展望台の上からは、壮麗な玉山、集集大山、合歓山、九九峰などを眺められます。ここの素晴らしい自然の景観は、絶対に見逃せません。<br/>

サイクリングの旅 必ず遊ぶべき5本の人気ルート

静謐な雰囲気 万金集落

屏東万金には台湾で最も古い歴史を誇る《万金聖母教堂》があります。平日に万金集落を訪れれば、静けさと気軽でリラックスした雰囲気を感じられます。万金営区に通じる道の鄰には、1本の500メートルの長さの「情人縁蔭大道」があります。ユーカリの樹とマホガニーが植えられ、緑豊かです。もう一方では泰武村をみることができます。パイワン族の人々がモラコット台風に被災した後ここに移り住み、新たに努力を重ね再建したのが「吾拉魯滋永久屋」です。自転車に乗って万金聖母教堂一帯、五溝水老街を経由して、《沿山レジャー農業エリア》の多数のレジャー農場、レンブ園、グァバ園、ミラクルフルーツ園、牛奶牧場(牛乳牧場)などを巡る、様々な農作業やレクリエーションイベントの体験に最適です。<br/><br/>北大武山のふもと、万金営区の鄰に位置する《鶉園休閒農場(鶉園レジャー農場)》では、主に「シャンパン鳥」(フランスうずら)の生産を行っています。農場ではガイドと解説と果物狩り、バーベキュー、アイスクリームのDIY等の農村体験を企画し、子どもたちに鶉の生育課程と特徴を理解する機会を提供しています。ウズラの飼育とウズラの卵拾い等の学習イベントも体験できます。<br/>

サイクリングの旅 必ず遊ぶべき5本の人気ルート

自然の雰囲気 羅東渓・新寮渓自転車道

宜蘭県羅東陳と冬山郷を横にまたぐ《羅東渓・新寮渓自動車道》は、羅東運動公園と3個所のレジャー農業エリアをつないでいます。また自由に三清宮、仁山植物園、芯寮瀑布歩道などの観光スポットまで伸ばすことができます。平坦なルートのため、家族全員で一緒にサイクリングの楽しみを体験するのに適しています。沿線では河のほとりで荷葉紙の製作体験ができ、羅東運動公園の落羽松(ラクウショウ)の林ではファンタスティックな風情を感じられます。<br/><br/>サイクリングロードに沿って中山橋を越えて新寮渓の区域に入った後、すぐに中山休閒農業区(中山レジャー農業エリア)に到着します。ここのレジャー農場と果樹園、茶園は非常に密集しています。自由に観光スポットを選んで農業を楽しむDIY、果物狩り、お茶を味わう等のイベントを選ぶことが出来ます。新寮橋をすぎると間もなく《三富休閒農場(三富レジャー農場)》が見えてきます。池のほとりで魚に餌をやったり、インコを鑑賞したり、紫屋森林庭園で食事を楽しんだり、親しい友人と楽しくおしゃべりしたりできます。子ども時代の面白さを味わいたいのなら、竹馬と鉄の輪転がしも体験できます。<br/>

サイクリングの旅 必ず遊ぶべき5本の人気ルート

問題報告