:::

グリーンツーリズム案内人 ヨモギの家創設者 李振輝

台湾には「ヨモギ」をテーマにした生態パークがあるのをご存知ですか?一体、ヨモギにはどんな特色と面白い体験活動があるのでしょう?今期は『ヨモギの家』がお話します。

グリーンツーリズム案内人 ヨモギの家創設者 李振輝

Q:『ヨモギの家』は、台湾初のヨモギをテーマにした生態教育パークです。どのような縁で、このような特殊なパークが設立されたのでしょうか?<br/>A:職業軍人を退役した李振輝は、政府の漂鳥計画に参加して故郷に戻って農業に従事しました。そして、ヨモギ栽培に力を入れ、近年ではバイオテクノロジー分野にも乗り出し、その製品はお客さんに好評です。週休二日制でレジャー観光の気風が高まったことから、ヨモギ生態教育農場を創設しました。多くの人々がパークに足を踏み入れ、ヨモギの魅力を体験しています。<br/><br/>Q:一般的なヨモギの印象は、恐らく端午の節句にヨモギやショウブを家の戸口に魔除けとして置くということでしょう。ヨモギについて、読者にもっと紹介してもらえますか?<br/>A:ヨモギは強靭な生命力を持ち、砂地や川岸、高山などの環境でも育ちます。根の力が強く、土壌の保全に役立ちます。同時に虫や蚊除けの効果もあり、家で鉢植えにして楽しむのにも適しています。ヨモギはヨモギ麺やヨモギ餅、ヨモギ茶など色々な食品や、入浴剤や美容健康品に加工することができます。また、私達が設立した「艾馨園」は田ママレストランの認証を取得しており、ヨモギと地元の旬の食材を組み合わせ、身体によい美味しい料理を提供しています。<br/><br/>Q:『ヨモギの家』はどんな体験活動を提供していますか?その中で最も人気がある活動は?<br/>A:私達のヨモギDIY活動には、ヨモギ団子やヨモギ蚊取り線香、艾的穀粒、ヨモギのお守り、ヨモギ鉢植えなど色々あり、中でも「艾的穀粒」は意義深く、簡単に作れることができるので、お年寄りにも若い人にもぴったりです。作り方は以下のとおりです。<br/><br/>1. 私達は参加者にあらかじめ中国結びのついているガラス瓶をお渡しします。中国結びは吉祥を象徴し、ガラス瓶は平安を表しています。<br/>2. 参加者は、魔除けの意味を持つ乾燥させたヨモギの葉またはヨモギの種と、豊作や裕福な暮らしを象徴するもみ殻をガラス瓶の中に詰めます。<br/>3. 次に瓶の口にコルクを詰めて塞ぎ、「艾的穀粒」と印刷されているシールをガラス瓶に貼りつけます。<br/>4. 最後に参加者が自分に「愛の激励(音が同じなので「艾的穀粒」と掛けている)」をします。

ヨモギの家

住所:彰化県花壇郷湾東村湾東路239号<br/>電話:(04)7881318<br/>※20人以上の団体の体験活動は、事前の電話予約をお願いします。<br/>

グリーンツーリズム案内人 ヨモギの家創設者 李振輝

問題報告