:::
基隆市 桃園市 新竹縣 苗栗縣 臺中市 宜蘭縣 雲林縣 臺東縣 花蓮縣

桐の花の季節の農業を楽しむ小旅行

5月から、北部・中部台湾の郊外の山頂や斜面は白く彩られます。桐の花を鑑賞する季節が始まります。桐の花の鑑賞には、周辺の観光スポットを組み合わせて小旅行をより豊かなものにしなければなりません。レジャー農業エリアでは多くの旅のリソースを擁しています。例えば農産物のミニフェア、DIY、地元の特色あるグルメなどです。だからレジャー農業エリア周辺の桐の花を観賞する観光スポットを選ぶのは、とてもスマートな選択と言えるのです。

本文では桐の花を鑑賞しに行く際、旅のルートを計画できるよう、それぞれのレジャー農業エリア周辺の桐の花を観賞する歩道を整理しました。桐の花の鑑賞は急がなければなりません。満開の時期はたった7日間、急いで出発しましょう!

【基隆】瑪陵レジャー農業エリア

瑪陵レジャー農業エリア内には瑪陵坑渓と友蚋渓が流れています。豊かな生態の渓流に、天然の常緑広葉樹林が分布しているエリアに属します。湿度が高く雨が多く、豊かな植物の様相が楽しめます。

パーク内では山薬(ヤマイモ)、樹梅(ヤマモモ)、ブンタン、緑竹タケノコと桂竹筍をメインとして様々な農産品が栽培されています。中でも有名なのが台湾特有の種である「基隆山薬(ヤマイモ)」です。きめ細やかな肉質の優れた品質です。

レジャー農業の発展にともない知名度も次第に上がっていきました。また多くの観光資源となる観光スポットを開発してきました。例えば緑谷レジャー農場、葉山薬園レジャー農場、文良レジャー農場、添財レジャー農場、金明昌レジャー農場などです。野菜の収穫や果物狩り、農業体験、歩道でのハイキングや地元の農産品を味わうなどのイベントが楽しめます。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:七堵瑪陵坑富民親水歩道/瑪西賞桐歩道

【桃園】大北坑レジャー農業エリア

大北坑レジャー農業エリアは海抜300メートルから400メートルの丘陵に位置しています。ここで最も重要な産物は茶葉です。客家の茶の郷として最も古いお茶の生産エリアの1つであり、最も有名なお茶は東方美人茶です。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:三坑老街、三和歩道、東森山林桐花歩道/保甲古道

【桃園】月眉レジャー農業エリア

大渓月眉社区は「大渓老街」の隣に位置する小さな農村というだけですが、一面に広がる稲田、広々とした大漢渓の川床の景色、魚やエビが水草に隠れる百年の水溝、美しい池、国指定の古跡「李騰芳古宅」など豊かな環境と資源があります。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:斎明寺古道

【新竹】照門レジャー農業エリア

ここは伝統的で美しい客家の荘園です。300ヘクタールの丘陵の上にあります。5つの丘陵で組み合わされた渓谷のエリアで、布袋状の地形が形成されています。農業用池、農家の美食、特色ある子どもの遊びのDIYなどの様々な農村体験が楽しめます。

ハイキング、果物狩り、花の鑑賞がお好きだったり、大自然の美しさを体験したい旅人からすると、新埔鎮照門レジャー農業エリアは非常に優れた選択と言えます。この農業エリアには3本の山を巡る歩道があり、完璧に設置されていることから、旅人が安全に目の前にある美しい景色を楽しむことができます。それだけではありません。パーク内には多くのレジャー農場で食事、農業と子供のおもちゃの手作りDIY、擂茶と餅のDIYなどの多元的な楽しさがあります。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:九芎湖歩道群、巨埔歩道、龍頸歩道

【新竹】大山背レジャー農業エリア

新竹県横山郷の横山村は大山背とも呼ばれています。主な理由はこの地区の地形がまるで横たわる刀のように不揃いな高さであることにあります。大山背レジャー農業エリアには様々な特色ある文化と自然の景観があり、エリアの範囲内にはさらに数本の騎龍古道、茶壷古道など登山者が必ず上ってみるべき古道があります。みな原始の風采があり、手軽に山林の歩道を訪れ歩くことができます。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:大山背人文生態館、大山背桐賞歩道

【新竹】十二寮レジャー農業エリア

十二寮地区は峨眉湖附近に位置しています。初期には樟脳油が盛んに生産されていた地区で、樟脳寮と呼ばれていました。後にこの地区の地名が十二寮となった原因は、生産ランキング第12位となったことによります。

このエリアで最も有名な景色はやはり十二寮レジャー歩道、サイクリングロードです。特に自転車愛好家の方がレジャーにやってくるのに適しています。初期には農業エリアを発展形態としていた十二寮レジャー農業エリアは、農産物の方面ではオレンジ、ブンタンなどが最も多く栽培されています。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:十二寮古道、峨眉湖歩道

【苗栗】三湾梨郷レジャー農業エリア

永和山ダムの南側の丘陵地形に位置しています。周囲は広々とした視野のとても壮麗な景色で、ここに来れば果物狩り、生態観察の楽しさを体験できるだけでなく、のんびりと自転車に乗って農村の風景を鑑賞できます。また登山歩道に沿って山林に足を踏み入れフィトンチッドの洗礼を受けることもできます。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:永和山ダム歩道

【苗栗】南江レジャー農業エリア

最も代表的な生産物は鱒です。以前ここは鱒の生産における最大の中心地でした。レクリエーション産業の発展にともない、しだいにレストランを持つ鱒を扱う店のみがレクリエーション農場へと転換しました。訪れた旅人は新鮮な鱒の料理を楽しむことができるだけでなく、希望すればここでさらに長い時間過ごすことも、さらには鱒の養殖センターを訪問することもできます。このほか南江レジャー農業エリア内の農場は完璧に整備されており、多くの場所のどこにも渓流の澄んだ水が流れています。またキャンプ場も提供しており、都会の人々がこの地を好む原因が創り出されています。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:蓬莱渓護魚歩道、円舞場歩道、神棹山桐花雪径、小東河歩道

【苗栗】福興南和レジャー農業エリア

福興南和レジャー農業エリアは山を背にしたロハスな基地です。挑炭古道、梯仔崎古道、礱鉤崎古道、挑鹽古道などがあります。初期には先人たちが通霄から苦労して山を越えて三義郷、銅鑼郷へと向かう道でした。ここは山林を楽しみ、自然の生態を体験するレジャーに格好の場所となっています。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:福至興臨社区、上田珈琲荘園

【苗栗】黄金小鎮レジャー農業エリア

黄金小鎮レジャー農業エリアには客家の村の農業と生産が保たれています。主な作物は水稲のほか、柿、タロイモ、イチゴ、福菜、パッションフルーツなどです。初期には陶器の製造で有名でした。特に台湾で唯一のベニナツメは、近年さらに有名になっています。わら編み細工と竹細工もここの特色ある産業です。

健康と養生を強調する黄金小鎮では、現在すでに何本ものサイクリングロードを計画されており、スローライフの楽しい旅や田園風景を鑑賞するのにとても適しています。エリア内では多くのベニナツメの養生や客家グルメを特色とする田園レストランやB級グルメの店があります。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:打鹿坑、出磺坑古道、四季彩林桐花歩道

【苗栗】馬那邦レジャー農業エリア

馬那邦レジャー農業エリアは苗栗県大湖郷馬那邦区に位置しています。馬那邦山はタイヤル族のManapanの発音から名づけられ、壮麗な山の姿を意味しています。海抜は1406メートルで、大湖郷内で最も高い峰です。

このエリアは登山歩道が非常に多く、東興村の山の上部、中腹部にかけて、例えば北陵登山口、隆基湖などには多くの桃の木、スモモの木があります。桃とスモモが熟す時にはいつもたくさんの観光客が登山し、果物狩りを楽しんでいます。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:大窩文史生態区歩道

【苗栗】旧山線レジャー農業エリア

三義郷旧山線レジャー農業エリアは旧山線鉄道を中心として外に向かい広がっています。主に丘陵地であり、レジャー農業エリアでは山茶油、仙草、酸菜、梅干し、生姜、桃、スモモ、かんきつ類、花卉などの農産物が生産されています。エリア内の有名な観光スポットには北に勝興駅、南に龍騰断橋があります。また様々な客家の米料理、客家料理と特色ある加工された農産品があり、休日になると観光客が次々とやってきます。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:外庄山桐花林道、挑柴古道、小西湖歩道、四月雪賞桐歩道、挑炭古道(三通嶺古道)、龍騰断橋

【台中】食水萪レジャー農業エリア

範囲内に石岡区九房、金星村と新社区中正村が含まれています。エリア内には東アジア地区で最も長い景観木橋の情人木橋、五福臨門の神木、樹の王観光植物花園などの有名な観光スポットがあります。情人木橋の隣にある石農広場には石農珈琲が設けられ、食水萪レジャー農業エリアの重要な指標的建築物となっています。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:石岡土牛客家文化館、東勢林場

【台中】水流東レジャー農業エリア

水流東レジャー農業エリアは地元の特色ある観光スポットで有名です。台湾西部の渓流は多くが西に向かって流れています。日本統治時代に日本人が大安渓の水源で后里と外埔区の田畑を灌漑しました。后里の水溝「水流東」を計画設計したことから、特殊な東に向かい流れる感慨用水路となりました。水流東の長さは約2キロメートル、十数年前にアブラギリの樹が植えられました。桐花歩道の片側には農家フェアが設けられ、もう片側には高鉄展望台が設けられています。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:外埔区永豊里桐花歩道

【宜蘭】中山レジャー農業エリア

中山レジャー農業エリアは冬山河上流に位置する、冬山河の源の一つです。三面を山に囲まれた絶好の地理と気候により、茶産業が非常に発達しています。地元業者がアイディアを発揮し、様々な茶芸のDIYを開催しています。毎年国内外から大量の観光客がやってくる、宜蘭に来たら必ず遊ぶべき観光スポットの1つとなっています。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:仁山植物園

【南投】糯米橋レジャー農業エリア

典型的な山間部にある小さな農村の国姓郷北港村に位置しています。県指定の古跡「糯米橋」がこの場所にあるため命名されました。住民の多くが倹約家で勤勉な客家グループに属しています。濃厚な客家の人情味のあるこの緑豊かな谷の小さな集落に、自然の手による観光資源が与えてられています。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:北港村二十粒路段桐花歩道

【雲林】華山レジャー農業エリア

華山地区は天然資源において多くの好条件を備え、山の中のそこかしこで登山歩道を見ることができます。初期のころから知名度が高く、中でも華山文学歩道は文学をテーマとして計画された初の歩道であり、古坑の夜景も称賛され続けています。日中ここに来て山に登ったり、ハイキングしたりでき、夜にはコーヒーを味わいながら星空と夜景を鑑賞できます。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:古坑郷荷苞桐花公園

【台東】初鹿レジャー農業エリア

初鹿レジャー農業エリア内にはコーヒー生産販売班、梅の生産販売班、原生応用植物園、初鹿牧場、藍天レジャー農場などがあり、レジャーと旅に格好の場所を提供しています。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:龍田桐花大道、武陵緑色トンネル

【花蓮】東豊レジャー農業エリア

東豊レジャー農業エリアは花東縦谷に位置しています。エリア内の鉄份瀑布風景区にはキャンプエリア、水遊びエリアが設けられ、親子での遊びと憩いの最良の場所です。11月にはホタル観賞と蝶々が飛び交う姿を鑑賞できます。エリア内のでのブンタンの副産物にはジャム、酢、酵素、文旦柚菜などがあります。

東豊近くの193県道には稲田と花畑の風情に満ちています。静かな田園の風貌は玉里鎮のオーガニック米の最大の生産エリアです。東豊は県道における最も代表的な農村のコミュニティで、米、ブンタンを主な農産物としています。作付面積が広いため、冬の緑豊かな花の海は人を酔わせるような美しさがあります。

おすすめの桐の花鑑賞ポイント:瓦拉米歩道