:::
南投 仁愛

奥万大国家森林遊楽区

奥万大国家森林遊楽区は南投県仁愛郷霧社の東南隅に位置し、脳寮渓、清水渓、馬谷渓と万大南北渓が貫く、海抜は1100-2600m、総面積は2787㌶、年間平均温度は19℃、冬暖夏涼、タイワンフウ等の変色植物を観賞できるいい場所と有名な避暑地である。

濁水渓の上流である万大北渓は粘板岩が多く、弱くて侵蝕しやすいので、川は混濁している灰色を呈することで、濁水渓の名の由来と言われている。万大南北渓の合流点で清水と濁流を合流することを観察するなんて、すごく教育意味を含む。過去の台湾の造山運動は激しく、河床の切割もよくあったことで、川床沿いに、よく見える河階台地は観光客が足を止める大好きなスポットである。奥万大の特別な地質条件で当区は沢山の瀑布があり、例えば、脳寮渓は断層と砂頁岩の相違侵蝕作用で、飛瀑、双瀑と連瀑等違うタイプの非凡な気勢を持つ滝群になった。1ccに対し30000個以上ものマイナスイオンの量が放出するので、森林浴をするには最高の、癒しスポットである。

その他の情報

開放時間:08:00~17:00
入 場 料:    
‧平日---大人150元、子供100元
‧平日---大人150元、子供100元

日付
お天気状況
最高気温℃
最低気温℃
降水確率
01/01