台九線は別名東部幹線と呼ばれており、全長454キロメートルに達する台湾第2のハイウェイです。出発点と終着点の両方とも台北市行政院大門から宜蘭、花蓮、台東を経由し屏東県楓港に至る、花蓮と台東へと出入りするための重要な道路です。ハイウェイは花東縦谷を貫き、1年四季を通して異なる風情をたっぷりと鑑賞できます。それでは皆様を各地の素晴らしい観光スポットへとお連れしましょう。肥沃な土地に閩南、客家、先住民などの様々な文化が融合し、現在の建築と美食の中で表現されています。この「幸せの台九線」では、ネット美人、親子またはシニアグループのどれもが楽しさを感じることができるだけでなく、レジャー農業の旅の素晴らしさを体感できます。

幸せの台九線・自撮りと手作りグルメ、手を動かして遊ぼう

花畑から稲穂の波、茶園から果樹、米料理からデザートまで、もっと遊んでもっと幸せ

春の喜び

冬の終わりから春の初めになると、満開のアブラナの花が田畑を空と水面が一体となったかのような風景へと変化させます。田を起こしをする農家の人々の人影が縦谷の田畑に出没し始めれば、新たな季節の田植えがまもなく始まります。適した気温の時節はさらに旅の楽しさを際立たせてくれます。

夏を遊ぶ

夏の花東縦谷では万物が束縛されず、花、果実、稲が何も気にせずにその魅力を放ちます。目いっぱいのスケジュールの中に、台湾の農業の豊かさと楽しさが濃縮されています。毎年夏の盛りの縦谷には、遊びに来る価値があります!

秋をのんびり楽し

秋は台九線の変化を鑑賞する時です。開いた花が落ちるだけでなく、緑の苗も黄色い稲穂へと変わります。景色が変化する間、様々な旅人がいつでも秋の美しさを探し出すことができるのです。

冬巡礼

冬の稲は倉庫に保管され、田畑は緑の稲ではなく輪作の植物で一杯になっています。花畑は単に農家の人々が休耕し土地の力を養うのに用いられているのですが、旅人の目には美しくファンタスティックな背景へと変わるのです。

相關連結